お墓を建てる時期について

お墓を建てる時期について

お墓を建てる時期について

一般的には、3回忌法要までに納骨式と開眼供養を同時に済ませることが多いようです。
彼岸中やお盆中は避ける風習があります。
また、遺される家族への負担を少なくするためと、自分で納得のゆくものをつくりたい気持ちから、 現在は生前建墓という考えでお墓を建てる方も増えています

寿陵とは?

生前にお墓を建てることを寿陵(じゅりょう)といいます。
寿陵とは生前墓は、古くから長寿、子孫繁栄、家内円満、の3つの果報を招くとされてきました。
古来より、生前にお墓を建てることは長寿を授かる縁起の良いこととされています。

お墓の移転の時期は?

遠方にお墓があり、 近郊にお墓を移す場合の時期は決まりはありませんが、お墓の建立の時期と同じ事が言えます。
彼岸中、お盆中は避ける方が良いとされています。

1、移転先墓地の確保
2、古いお墓の返還書類を提出
3、抜魂供養
4、石材業者の移転施行
5、移転先墓地の施工完了
6、開眼供養と納骨式

延壽院について

延壽院境内写真

和歌山県和歌山市の墓所

和歌山の墓地「延壽院」

〒640-8137
和歌山県和歌山市吹上5丁目4番25号

TEL.073-422-0995

FAX.073-422-0995

info@enjyuin-reien.main.jp

→アクセス