真言宗2代祖師・弘法大師・興教大師について

空海について

空海物語

真言宗の開祖 

弘法大師 弘法大師教え

弘法大師空海の足跡

弘法大師空海は、宝亀5(774)年現在の香川県善通寺市にお生まれになりました。留学僧として唐(現在の中国)に入国し、青龍寺の恵果和尚より真言密教の教えを授かりました。 帰国された後、真言宗の開祖として、高野山の開創や真言宗教学のお寺、東寺での宗教活動のほか、日本初となる庶民のための学校「綜芸院種智院」を創設し、社会活動を積極的に行いました。

延壽院とのご縁

延壽院の御本尊である大日如来は、真言宗の開祖である弘法大師空海が自ら祈りをこめて敬刻されたと伝えられる御尊像です。 延壽院では弘法大師空海が伝来された真言密教の教えに基づき、地域の方や檀信徒の皆様方と一緒に現代を生きる人達に必要な寺院を目指しております。

真言宗中興の祖、興教大師

興教大師

興教大師覚鑁の足跡

興教大師は、嘉保2(1095)年、現在の佐賀県鹿島市にお生まれになりました。20歳の時に高野山に登られた興教大師は、 鳥羽上皇の支援を受けて高野山を整備、真言宗弘法大師の教えを再興するとともに、学徒を養成し「新義」といわれる教学を確立しました。
これが真言宗、中興の祖と呼ばれるゆえんです。その後、高野山真言宗の座主にまでなりますが、権力の争いを避けるため、その座を降り、 根来山(和歌山県)に移られます。この地の整備をすすめていましたが、3年後に49歳で入滅されました。

延壽院とのご縁

平安期 法を求め中国へ渡った空海は 時の都長安にある青龍寺にて恵果阿闍梨より密教の奥義を授かった。日本に戻った空海は高野山を開いて真言宗を起こし、鎮護国家、済世利人に勤めました。

空海が入定後 約三百年 高野山で真言密教を修めた覚鑁は、教学復興の拠点として現在の位置に根来寺を開いた。その後も多くの僧侶が覚鑁の教えを守り、 その学風は隆盛を極めたが、天正の頃、勢力の拡大を恐れた豊臣秀吉に攻められ、多くのお堂や経文、宝物を焼かれてしまった。
元和の世、根来寺は紀州藩主徳川頼宣の外護により、ようやく復興がかなった。当院も又、紀州藩主徳川頼宣の命により弘法大師、 興教大師ゆかりの地として信州諏訪郡より現在の城下町寺町へ移転された。

真言宗、弘法大師、興教大師 総本山、大本山のお寺

延壽院について

延壽院境内写真

和歌山県和歌山市の墓所

和歌山の墓地「延壽院」

〒640-8137
和歌山県和歌山市吹上5丁目4番25号

TEL.073-422-0995

FAX.073-422-0995

info@enjyuin-reien.main.jp

→アクセス