様々な墓地の形態

様々な墓地の形態

墓地の形態

墓地を一度選んでしまうと中々移転する事は難しいので墓地を決める時には色んな墓地、霊園を知っておく必要がります。
下記では墓地の3形態についてお話します。墓地や霊園などはまず経営主体、運営がバラバラになっている事がありますでの事前に調べておく必要があります。
お世話になっているお寺さんが墓前供養を行える墓地と墓前供養は違う宗派の典礼に従わなければいけない墓地がありますので注意しましょう

そして、良く耳にすることはお墓は自分以外に家族、親類がお参りされる場所でもありますので、駐車場や立地、交通利便性など墓地内の雰囲気などをお参りのしやすさを重視すると良いでしょう。
山の傾斜や不便な所に墓地があると若い時は良いが、年老いてからのお参りができなくなりますので十分に考えましょう。

寺院墓地

寺院墓地には大きく分けて二つあります。

1、寺院の宗派に合わせた墓地 
延壽院墓地は1、寺院の宗派のみの墓地です。
寺院が経営運営を行っており、供養と管理をお寺にお任せできます。
石材業者が運営を行っていない為、生前予約や生前購入が可能、好きな石材業者で選定でき、古いお墓の移転も可能です。宗派が同じ墓地や菩提寺にお墓を持てば2の様に規制が多くない事がいえます。

2、宗旨、宗派問わずの寺院墓地
和歌山の寺院墓地の中でも宗旨、宗派問わずの墓地の多くは経営主体が寺院で運営は石材業者が運営しています。
(中には石材業者が運営していない所もありますので事前に調べましょう。)
石材業者が運営する寺院墓地は生前墓地の建立が出来ない事が多くあり、墓地を購入後、○カ月以内に墓石を購入しなくてはならない事が多く、指定石材店1社から購入することになります。
寺院墓地の中には宗旨、宗派問わずで売り出されているけど墓檀家にならないといけない所もあります。
墓檀家とは墓前供養や埋葬、塔婆供養などは墓地購入先の宗派の典礼に従わないといけない訳です。
例えば真言宗ですが墓地を購入した所が○○宗と違う宗教であった場合は真言宗の住職に埋葬や開眼供養、墓前供養は行えないという事で、埋葬、開眼供養、墓前供養は○○宗にて行うというケースもあります。
(違う宗教の墓地を購入する時はしっかりと説明を受けましょう)

公営墓地

和歌山市や各町村などの自治体が管理運営する墓地です。
宗教的な制約はあまりありません。指定石材店もありません。
購入に際しては、運営する自治体が行う公募に申込みをする必要があります。
募集に対し抽選権が得られ抽選という形になります。
また、申込みの際も申込者の居住地や遺骨の有無などについて資格制限があります。生前予約はできないようです。 生前建墓はできない所が多いようです。
※和歌山市では1聖地のみ販売となります。
※公募時期や条件は管理運営する自治体(都道府県市町村など)により異なります。

民営墓地

公益法人や宗教法人、 または宗教法人から運営業務の委託を受けた民間会社(石材業者)が管理運営する墓地です。
和歌山県ではほとんど寺院が委託しているケースがほとんどです。
チラシや広告などがなされている所は民営墓地が多いのが特徴です。
当然民間会社が運営、管理しているので墓石購入の際は指定石材業者から購入しないといけません。
管理費は墓地により異なります。和歌山県では山手にある霊園がほとんどです。

延壽院について

延壽院境内写真

和歌山県和歌山市の墓所

和歌山の墓地「延壽院」

〒640-8137
和歌山県和歌山市吹上5丁目4番25号

TEL.073-422-0995

FAX.073-422-0995

info@enjyuin-reien.main.jp

→アクセス