和歌山の真言宗「延壽院」の御紹介

「延壽院」の歴史

和歌山の霊園、墓地「延壽院」は正式名称、真言宗松王山延壽院、開山は遠く信州諏訪郡にあり武田信玄公率いる寺院であった。
昔は松王山梅乃坊延壽院竹林寺の名なり、武田信玄公と徳川家康公との戦い(三方ヶ原の戦い)により紀州初代藩主徳川頼宣公が和歌山に城を移すこととなり、 頼宣公の命により寺院と共に本尊仏、隆昌和尚が負い来る。和歌山に寺院を建立したのは元和年間に隆昌和尚により今の新通りから広瀬大橋に一度建立し、寺町に移転せられる。
本堂の他には摩利支天堂や大師堂や千体地蔵堂、位牌堂、納骨堂、松王山稲荷大明神堂など各御堂があります。様々な仏様に見守っていただく珍しい和歌山の真言宗の寺院でもあります。

本堂と本尊

本尊仏は真言宗の開祖、弘法大師御作と伝えられる平安時代建立の大日如来であり、弘法大師の御分霊を頂ける和歌山市唯一の真言宗寺院である。
脇仏は愛染明王と如意輪観世音菩薩である。 真言宗最高主である大日如来仏がたくさんの仏の功徳を備え、御先祖様や私達現代の人々に対し、仏の沙汰と功徳を与えてくれるといわれている。
脇仏の愛染明王は縁を頂戴する仏様であり、延壽院に来れる人々に多大なる縁を施すとされ、今日では良縁成就の仏さまとされている。
如意輪観世音菩薩は現世における私達の苦しみや悩みを聞いてくれ、苦しみや災いから救ってくださる仏さまでおられます。  

紀州三大尊天堂

三大尊天とは遠く長野県信州諏訪郡なり、武田信玄公と徳川家康公との戦さを背景に紀州初代藩主頼宣公の命により、摩利支天、毘沙門天、弁財天、(諸仏)が寺院と共に紀州に負い来る。徳川頼宣公の頃より徳川家代々信仰篤く、弘法大師伝来の真言宗独自護摩祈願を厳修し、諸祈願、厄除けが行われていた。

摩利支天・・・己に勝つ、試練に勝つ、試験に勝つ人生に勝つ、現世の勝利をつかさどる。
毘沙門天・・仏法を帰依する衆生を守護し、どこからも福を招き幸せを運ぶとされる。
弁財天・・・自然界に五穀豊穣を招き、人を招き、財宝を授けるとされる。 

大師堂

大師堂には真言宗の二代祖師である真言宗・宗祖弘法大師、真言宗・高祖興教大師をお祀り、二代祖師が篤く信仰されていた様々な仏様がお祀りされている。
中でも薬師如来像は平安時代建立の仏様である。十三仏、不動明王、阿弥陀如来、他多数の仏様をお祀りしています。 

千体地蔵堂

水子供養を主とし、若い方からお年寄りの方が水子地蔵を建立され、日々手を合わされる御堂となっております。 

延壽院について

延壽院境内写真

和歌山県和歌山市の墓所

和歌山の墓地「延壽院」

〒640-8137
和歌山県和歌山市吹上5丁目4番25号

TEL.073-422-0995

FAX.073-422-0995

info@enjyuin-reien.main.jp

→アクセス